今月のコラム企画は、日本酒の美味しさを検証する企画なのだ

こんにちは、みなさん! 聖武です。
暑さも落ち着き、秋めいてまいりましたね。

秋といえば、食欲の秋です! 
美味しい食べ物をたくさん食べることも良いですが、
美味しい食べ物にぴったり合うものがありますよね。

そうです! お酒です!

数あるお酒の中で、聖は日本酒を推薦します。
なぜかって?

9月5日に発売された作品のタイトルが、
『日本酒ソムリエ ~皆を笑顔にする至高のお酒~』
(著:潮風波音/KADOKAWA)
だからです。

ということで、今月は日本酒にちなんだ取材を展開していきたいと思います。
それがこちら!


当コラムではすっかりお馴染みとなった、スラ太郎が活躍します。

検証方法は簡単。
作品に登場するお酒と、スラ太郎が愛飲している市販のお酒を、
飲み比べるというものです。

※編集部注:このコラムでは、作品に登場するお酒を「銘酒」、そのへんで買える市販のお酒を「市販のお酒」と呼んでいます。

どちらも美味しいお酒ですが、きっと違いがあるはずです。

ところで。
日本酒”そむりえ”スラ・太郎?
我々の知っているソムリエとは、違うようですね。

嫌な予感しかしないと思ったそこのあなた!

いつも「L-エンタメ小説」コラムを読んでいただき、ありがとうございます。
よくわからない方は、過去のスラ太郎が登場する記事を是非読んでくださいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

日本酒そむりえ スラ・太郎 〜皆を笑顔にする至高のお酒〜

私は、日本酒そむりえ、スラ・太郎だ。

今回、日本酒の魅力を多くの人に伝えるため、とある検証をしようと思う。

この検証を思いついたきっかけ『日本酒ソムリエ』の舞台に状況を近づけるため、
一生懸命探して見つけた良い感じのお店がこちら。


とってもおしゃれなお店、ラビリンスさんだ。
お店の詳細は、記事の最後に紹介しているので是非チェックしてくれよな。


そして今回、テイスティングに協力していただく美少女メイドさんが、彼女たち。


※編集部注:『日本酒ソムリエ』は、主人公・三輪数馬が、秋葉原のメイド・バーを日本酒の力でプロデュースしていく物語。こちらのメイドさんたちに負けず劣らずかわいいメイドさんたちが登場します。

美少女の情報が知りたい!
という男子のために、1人ずつ詳しく紹介していこう。
名前をクリックすると、ツイッターのページに飛べるから、
光の速さでフォローするんやぞ!


笑顔がキュートな、ななさん


妹にしたい! ちびっ子キャラのぽんさん


クール&ビューティー くのぎさん

以上の3名だ。全員可愛い。
この3人と異世界デートしたいわ……。
異世界デートしたら、一緒に世界平和を取り戻す旅に出かけるんだ……。

おっと、いけない。妄想が止まらなくなってしまいそうだ。話を戻そう。

今回は、作品に登場するお酒を用意した。


「獺祭磨き二割三分」、「加賀鳶 純米大吟醸 藍」、「愛友純米大吟醸 備前雄町」、「カワセミの旅」。

どれも、至高のお酒だ。

さて、ついに、美少女メイドさんたちとのファーストコンタクト。
私を見たら、彼女たちもきっとこう反応するだろう……。

(スラ太郎の脳内)
 
スラ太郎「日本酒そむりえのスラ・太郎です! 今日はよろしくお願いします」
くのぎ 「あれ!? もしかして、スラ太郎さん!? サインください!」 
ぽん  「スラ太郎お兄ちゃんは、私だけのものだぞ!」
なな  「スラ太郎さん、だいしゅきでしゅ!」
スラ太郎「仕方ないな〜。恋多きレディたち、
     テイスティングが終わったら相手になるぞ☆」


完璧な脳内シミュレーション完了。

人気者はつらいぜ。


スラ太郎 「日本酒ソムリエのスラ太郎です! 今日はよろしくお願いします」

…………(会場、シーン)

くのぎ (この人、誰?)
ぽん  (スラ太郎? え?)
なな  (うわ~。めんどくさいキャラ設定の人来たよ)
スラ太郎「……。あの、、、良かったら、
     『L-エンタメ小説』のコラム読んでください(小声)」

現実は、厳しい。

銘酒と市販の日本酒の味比べをするのだ!

ファーストコンタクトは、ダサい感じで終わってしまった。
がしかし、そのうち楽しく打ち解けて至高の笑顔になるだろう。
次回からテイスティングを始めるぜ。

作品に登場するお酒は、どれも銘酒。

それでも俺は、コンビニやスーパーで手に入るお酒が、至高のお酒だと思うんだ。

低価格で、異世界気分を味わうことができるんだ。
市販のお酒、最強だと思わないか?

ということで、次週からは本格的な『日本酒ソムリエ』の検証企画を行うぜ。

作品に登場したお酒と、スラ太郎が用意したお酒両方を飲んで、
どちらのお酒が美味しいものかを彼女たちに決めてもらう。

さぁ、どうなるか楽しみだぜ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、今回はここまで。
ちなみに、スラ太郎が考える至高のお酒は、競馬場でよく目にするお酒だそうです。

ちょっとだけ次回の予告を。


テイスティング中の彼女たちは、真剣そのもの。
熱心に、日本酒のお話を聞いていました。

そして、今回は検証するだけではありません。
作者の潮風波音さんにもご参加いただき、
日本酒についての解説を1つずつ丁寧にしてもらいました。

実は、潮風さんが推薦する日本酒の美味しい飲み方も伝授いただけるとのこと。
気になりますね!

さて、どんな検証になるのでしょうか?

至高の日本酒たちが続々と登場します。
写真にちらちらと写る有名蔵元の日本酒は、
どれも作品に登場するものばかりです。

気になった方は、
コラム記事と併せて『日本酒ソムリエ』を読むことをオススメします。
知識を深めることが出来ますよ。

『日本酒ソムリエ ~皆を笑顔にする至高のお酒~』
(著:潮風波音/KADOKAWA)
こちらも必見です!

それでは、次回もお楽しみに。

お楽しみはこれからだ!

<取材に協力していただいた皆様>


ななさん  ぽんさん   くのぎさん

ラビリンス
Twitterアカウント:@labyrinth_snack
歌舞伎町にあるコンセプトスナックです。探偵のような制服でお出迎えします。

住所  東京都新宿区歌舞伎町1-2-13 新光ビル6F
営業時間 19時~24時

ライタープロフィール
聖武(ひじり・たけし)

競馬と野球と美女が大好きで仕方がない、陽気なおじさん。
独身。元電気機器メーカー勤務。現在は自称“さすらいのエンタメおじさんライター”として活動している。熱狂的な声優ファンで、応援している声優さんのライブがある時は、いかなる手を使ってでも参加する。
twiterアカウント @hijiri_1224


ライター 聖武

カテゴリーリスト

KADOKAWA「L-エンタメ小説」は2018.3末スタート!

最新情報はSNSでも配信しております。是非ご登録ください。

PAGE TOP