こんにちは、みなさん! 聖武です。

今月のコラムは、ストーリー仕立てで日本酒の魅力を徹底検証しております。
前回のあらすじを、アニメの予告風に紹介してみましょう。

俺の名前は、日本酒そむりえスラ・太郎!
ひょんなことから、日本酒そむりえをやることになっちまった。
『日本酒ソムリエ』に登場する日本酒と、市販の日本酒どちらが好き?
という愚問に近い検証だ。
銘酒に酔いしれる美女たち、
次は、スラ太郎自慢のお酒で酔いしれてもらうぜ。
次回、「決着! 至高の日本酒たち」



さらに詳しく知りたい方は、こちらからご覧ください!

今回は、「日本酒そむりえ スラ・太郎」の最終章です。

市販の日本酒の方が絶対に美味しいと思っているスラ・太郎。
しかし、『日本酒ソムリエ ~皆を笑顔にする至高のお酒~』
(著:潮風波音/KADOKAWA)に出てくる日本酒は、
美少女たちの目をキラキラさせていた。

果たして、おいしい日本酒に勝つことはできるのでしょうか!?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スラ太郎 =ス
くのぎ  =く
ぽん   =ぽ
なな   =な
潮風   =潮

スラ・太郎が用意したお酒で、挽回するのだ!

銘酒と呼ばれる酒が美味しいということはよくわかった。
ここからは俺、スラ・太郎のターンだ。やってやるぜ。

本来なら、順序よく丁寧にいきたいところだが、インパクトが必要だ。
猛烈なインパクトを与えて、3人を驚かせようと思う。


インパクト勝負といえば、競馬場で見るやつだ。

このお酒は、競馬場に行ったことがある人なら、
(多分)誰でも知っている日本酒なのだ。

このお酒を片手に競馬観戦するおじさんは、
高確率で熱くなると言われている。

つまりこのお酒を飲んでもらえば、美女3人も熱くなること間違いなしだ。
きっとこんなことになるのだろう。

(スラ太郎の脳内イメージ)


な「スラ・太郎様の用意するお酒、素敵!(キャピ)」
く「癖になりそう」
ぽ「おいしい! さすがスラ・太郎さん、お兄ちゃんになってください」

きっと見たことがない表情とコメントで、その美味しさを表現してくれるはずだ。

さぁ、飲んでもらおう!


ぽ「この作品に登場したお酒を、今まで飲んでたんだね!」
な「知識が身につくエンタメ小説なんて、素敵!」
く「カワセミの旅は、作品でどう扱われているのかな?」

銘酒と作品に、夢中やないか!

とりあえず、無理をお願いして飲んでもらうことに。

ス 「あの、僕が用意したお酒のテイスティングを……」
3人 「……」

店内に、冷蔵庫のモーター音が響き渡る。

3人の美女は、この酒の味がどういうものか、
何となく察している可能性がある。

とはいえ、絶対に至高の笑顔になるはずだと俺は確信している。

至高の笑顔になるに違いない!


至高の変顔が集まってしまった。

ぽ「スラ・太郎さん、カワセミの旅、もう一回飲めないですか?」
ス「えっと、、、一応、こちらのお酒もまだまだ用意しているので飲みましょうよ。
  ね?」

落ち着け。落ち着くんだ。きっと打開策があるはずだ。

スラ太郎の秘策

こちらが用意したお酒を飲んだ後、渋い表情をしているぞ。
このままではまずい。何か打開策はないのか。

そうだ! 幸いにも、ストロータイプのお酒がある。
SNS映えするストロータイプのお酒ならば、
若い女性も、パーティーピーポー感を出せるから良いのでは? 

起死回生の一杯になるはずだ。

ス「このストロータイプのお酒知ってます? パリピ感味わえますよ。
  ちょっとやってみましょう!」


これじゃない感!

くのぎさんに注目すると、“昔ヤンチャしてましたよ”
みたいな表情になっているじゃないか。

これでは、美味しいお酒を提供しているとは言えない。

なんてこった。

運命の結果発表

テイスティングは終了した。

ただ、まだ結果を聞くまでは負けたわけではない。
色々加味して、逆転勝利もあるはずだ。

ス「というわけで、今から美味しかったお酒は、
  蔵元のお酒か市販のお酒か、どちらか決めたいと思います。
  せーので指差してください。どうぞ!」


圧倒的敗北である。
やはり、蔵元のお酒はどれも美味しいようだ。

ここで補足をすると、市販の日本酒がまずいということでは決してない。

先に飲んだ銘酒が、美味し過ぎたのが原因なのだ。

糖度が高いみかんでも、
ショートケーキを食べた後に食べるとすっぱく感じるあの現象と同じだ。

つまり、美味しい銘酒を飲んだ後に、市販のお酒を飲むと……


どんなに美味しいお酒でも、こうなってしまうのだ。

俺の傲慢さが、この結果を招いたのだろう。
ここまで圧倒的に負けるとは、思っていなかった。

3人が選ぶ至高のお酒

圧倒的に負けたお酒を飲んで検証を終了するのは、
後味が悪いと感じたので、
ここからは、3人に一番好きだったお酒を選んでもらった。

選ぶために再度それぞれの蔵元のお酒を飲み比べようとすると。

潮「スラ・太郎さん、もう一度飲み比べをするようでしたら、
  ワインのように日本酒を味わうとより香り高く感じることができるので、
  是非やってみてください」

潮風さんが提案する日本酒の飲み方は、次の通りだ。

1、ワインを飲む要領でグラスを回し、空気に触れさせる
2、口に含んだあと、口の中で転がし、さらに空気に触れさせる
3、飲んで胃からあがってくる香りを楽しむ

更に詳しい飲み方は『日本酒ソムリエ』にも紹介されているので、
是非実践してみてほしい。

この飲み方をして、3人に好きなお酒を選んでもらう。

ぽ「全部じゃダメですか?」
ス「強いて言うなら……で選んでください」

どうやら、1本を選ぶのは、大変難しいようだ。

何を隠そう。
私も検証が始まる前に、こっそり一番美味しいお酒を選んでみようとしたのだが、
悩みに悩んだ。

ちなみに、俺が推薦するお酒は、加賀鳶だ。


さぁ、3人はどれを選んだのだろうか。

な「私は、備前雄町!」


な「飲んだ瞬間に、これが一番良いと思いました。
  すごく飲みやすくて、インパクトがあるお酒だと思いました」


ななさんは、これが美味しかったようだ。

テイスティングした時に、
これが一番好きかもしれないって言っていたので、
その時から一目(一口)惚れだったのだろう。


続いて、ぽんさんだ。

ぽ「私は、獺祭磨き二割三分」


ぽ「美味しいお酒を飲んで、ごきげんになりました」


終始、飲みっぷりが素敵だったぽんさん。
特に、獺祭を飲む時は勢いよく飲んでいた気がします。


く「私は、これですね」


く「もともと、日本酒が好きで。
  お刺身とかを食べて飲むのが一般的だと思いますが、
  カワセミの旅はチョコレートと一緒に飲めるのがとても素敵で、
  チョコレートがあれば無限に飲めて、
  とても美味しいと思いました」


チョコレートと日本酒の最強の組みあわせを知ったくのぎさんは、
やはり、カワセミの旅でした。

とはいえ、どれも美味しいお酒で、
甲乙つけがたいものばかり。


勝負には負けてしまったが、結果的に日本酒で3人を笑顔にすることができた。

至高のお酒たちのおかげで、美少女を笑顔にすることが出来たのだ。
これは、実質的な勝利といえよう。

次回は、どんな検証をするのだろうか?

スラ・太郎は、どんな検証にでも真剣に向き合うぜ。


いかがでしたか? 

『日本酒ソムリエ ~皆を笑顔にする至高のお酒~』
(著:潮風波音/KADOKAWA)では、
物語を楽しむだけではなく、詳しい日本酒の情報も紹介されています。

是非、お読みください。

今回の取材に協力いただいたラビリンスさん、くのぎさん、ぽんさん、ななさん、
そして作者の潮風波音さん、
本当にありがとうございました。

次回コラムもお楽しみに!

お楽しみはこれからだ!

<取材に協力していただいた皆様>


ななさん  ぽんさん   くのぎさん

ラビリンス
Twitterアカウント:@labyrinth_snack
歌舞伎町にあるコンセプトスナックです。探偵のような制服でお出迎えします。

住所    東京都新宿区歌舞伎町1-2-13. 新光ビル6F
営業時間  19時~24時


ライタープロフィール
聖武(ひじり・たけし)

競馬と野球と美女が大好きで仕方がない、陽気なおじさん。
独身。元電気機器メーカー勤務。現在は自称“さすらいのエンタメおじさんライター”として活動している。熱狂的な声優ファンで、応援している声優さんのライブがある時は、いかなる手を使ってでも参加する。
twiterアカウント @hijiri_1224


ライター 聖武

カテゴリーリスト

KADOKAWA「L-エンタメ小説」は2018.3末スタート!

最新情報はSNSでも配信しております。是非ご登録ください。

PAGE TOP